伏見記念財団について

財団の目的及び事業

当法人は、悠久の歴史を持つ日本文化の保全及び継承を図ると共に、それらを担う次世代の人材を育成し、
もって国家のさらなる発展と興隆への寄与を目的とする。

当法人は、上記の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 日本の歴史又は文化の研究に取組む学生への奨学金給付
(2) 日本文化の保全又は継承のための活動に対する助成
(3) その他当法人の目的を達成するために必要な事業

財団の設立趣意

日本の歴史と文化を次世代に継承するために

 伏見宮家は最も古い世襲親王家で、明治以降は近代宮家の宗家として、ゆうに数百年を 超える長きにわたり、時の天皇や皇室を支え続けてまいりました。
 この間、我が国の先人たちは、国内外の環境の激変苦難を乗り越えながら、我々に農耕、工芸、遊興、武術などからなる独特の国柄を引き継いでくれ、近代の日本社会があります。
 今、歴史学を志す学生は、その流れに新たな検証による解釈を導きこれを世に問い、後世に学術として引き渡す使命があります。また、世界の中の日本という視点に立てば、歴史や文化を継承するにとどまらず、さらなる文化的洗練と国際的評価に耐え得るべく学究を極め、広く世界へ発信する役割も求められています。海外に向けての発信は、グローバル化する世界での相互理解のためには必須であり、同時に「顔の見えない日本」を脱することは国力にもつながるでしょう。これらを達成するためには次世代の専門家の育成が不可欠と考え、本財団を設立いたしました。

法人概要

名称

  • 公益財団法人伏見記念財団

住所

  • 東京都千代田区紀尾井町3番1号

法人成立年月日

  • 令和3年11月18日

役員

代表理事

  • 伏見 博明(伏見家第24代当主)

代表理事

  • 野﨑 正史(日本伝統文化協会理事長)

理事

  • 堀田 宣彌(学校法人青山学院理事長)

監事

  • 山田 明男(株式会社アイビー・シー・エス 代表取締役)

選考委員

青山学院大学文学部史学科 教授

  • 小宮 京(こみやひとし)

東京大学史料編纂所 准教授

  • 黒嶋敏(くろしまさとる)

東洋大学文学部史学科 教授

  • 岩下 哲典(いわしたてつのり)